住宅ローンの選び方住宅ローン用語集>担保価値

担保価値

担保価値(たんぽかち)とは、住宅ローンで使われる場合は購入するマイホーム(物件)の持つ担保としての価値という意味。要するに借入額に見合うだけの物件および土地の価値のこと。通常は物件時価評価の8割程度で評価されることが多い。

通常、土地の担保価値は路線価と呼ばれる価格を基準に決定される。路線価は道路ごとに定められた道路の値段からそれに接する土地価格となる。担保価値としては路線価の70~90%程度を担保価値として評価するケースが多いようである。
また、建物については、銀行により評価方法が異なるが、多くの場合物件時価の70~90%程度に評価されることが多い。

結果として新築物件であってもその担保価値は購入額の70~80%程度に評価されることが多い。そのため、多くの場合で住宅ローンを組めるのは8割程度ということになる。(残りは頭金が必要)ただし、近年では借り手の信用力(返済能力)を評価して本来の担保価値を超えて融資をする住宅ローン会社(金融機関)も存在する。

 

 

 

用語一覧

あ行
頭金
・違法建築

か行
元金均等返済
元利均等返済
期間短縮型(繰上返済)
期限の利益
勤続年数
個人信用情報
固定期間
固定金利

さ行
事故情報

た行
代位弁済
団体信用生命保険(団信)
担保価値

な行
年収

は行
返済額軽減型(繰上返済)
返済比率
・弁済
変動金利

ま行

や行
与信