住宅ローンの選び方住宅ローン用語集>個人信用情報

個人信用情報

個人信用情報(こじんしんようじょうほう)とは、クレジットカードやカードローン(キャッシング)等の取引履歴のこと。中でも返済がスムーズに行われたのかどうかについては住宅ローンを貸す金融機関もこれを調査する。

個人信用情報において最も重要な情報が「事故情報」である。事故情報とはクレジットカードや金銭貸借契約において「延滞」「未払い」などがあった事実のこと。住宅ローンを貸す金融機関(銀行等)はこうした事故情報を極端に嫌うため、個人信用上に「事故履歴」がある場合、住宅ローンの利用はほぼ絶望的となる。

なお、この事故情報は解消から5年~10年程度で情報は消えるので、もしも事故履歴がある人はそれまで待つ必要がある。また、思い当たる節がある人は「個人信用情報の開示請求」も可能なので一度調べてみるとよい。

 

 

 

用語一覧

あ行
頭金
・違法建築

か行
元金均等返済
元利均等返済
期間短縮型(繰上返済)
期限の利益
勤続年数
個人信用情報
固定期間
固定金利

さ行
事故情報

た行
代位弁済
団体信用生命保険(団信)
担保価値

な行
年収

は行
返済額軽減型(繰上返済)
返済比率
・弁済
変動金利

ま行

や行
与信