住宅ローンの選び方住宅ローン用語集>勤続年数

勤続年数

勤続年数(きんぞくねんすう)とは当該企業等に勤務している年数のこと。住宅ローンの審査においては勤続年数が長いほど、安定していると判断されプラスにはたらく。ちなみに、転職や独立するなどした場合、当然勤続年数はリセットして計算しなおされる。

住宅ローンにおける審査では3年以上の勤続年数というのは一つのボーダーとなっている。ただし、転職した場合で勤続年数が短い場合には必ずしもNGとなるわけではない。
昔と比較して一つの企業に長く務めることがだけが、ワークスタイルではなくなってきているため、金融機関側もある程度勤続年数に対しては柔軟に対応しているとされる。

なお、自営業の場合は勤続年数ではなく営業年数と呼ばれることが多い。

 

 

 

用語一覧

あ行
頭金
・違法建築

か行
元金均等返済
元利均等返済
期間短縮型(繰上返済)
期限の利益
勤続年数
個人信用情報
固定期間
固定金利

さ行
事故情報

た行
代位弁済
団体信用生命保険(団信)
担保価値

な行
年収

は行
返済額軽減型(繰上返済)
返済比率
・弁済
変動金利

ま行

や行
与信