住宅ローンの選び方住宅ローン用語集>元金均等返済

元金均等返済

元金均等返済(がんきんきんとうへんさい)とは、住宅ローンにおける返済方式の一つ。毎回の返済額のうち「元金」を均等にする返済方式。毎月定額の元金に加えて利息を支払う。ローン返済当初は借入額が大きいため、利息も大きい。そのため、元利均等返済と比較すると当初の返済額は大きくなるが、徐々に返済額は少なくなる。

同じ金利、金額でローンを組んだ場合、元金均等返済の方が元利均等返済よりもローン負担額は小さくなる。

以下は単純化した元金均等返済方式の計算方法

100万円の借入を10回、金利10%で返済する(元金均等返済)
この場合、毎月の返済額は10万円ずつとなり、この10万円に利息が乗っかる形となる。利息額=「残債×10%÷12か月」と計算できる。

1か月目:10万円(元金)+(100万円×10%÷12か月=0.83万円)=10.83万円
2か月目:10万円(元金)+(90万円×10%÷12か月=0.75万円)=10.75万円
3か月目:10万円(元金)+(80万円×10%÷12か月=0.66万円)=10.66万円
・・・・・
10か月目:10万円(元金)+(10万円×10%÷12か月=0.08万円)=10.08万円(完済)

以上のように計算される。当初は返済額が大きいものの、返済がすすむほど借入額が小さく案るので利息が小さくなっていくのがわかる。

 

 

 

用語一覧

あ行
頭金
・違法建築

か行
元金均等返済
元利均等返済
期間短縮型(繰上返済)
期限の利益
勤続年数
個人信用情報
固定期間
固定金利

さ行
事故情報

た行
代位弁済
団体信用生命保険(団信)
担保価値

な行
年収

は行
返済額軽減型(繰上返済)
返済比率
・弁済
変動金利

ま行

や行
与信