住宅ローンの選び方住宅ローン用語集>団体信用生命保険(団信)

団体信用生命保険(団信)

団体信用生命保険(団信)、「だんしん」と呼ばれることが多い。住宅ローン契約者が加入する生命保険で、保険金額は住宅ローンの未返済総額となっている保険。保険金受取人は銀行等金融機関。

団体信用生命保険に加入しておけば万が一契約者が死亡等した場合でも、住宅ローンの残りの債務が銀行に支払われることにより、遺族に住宅ローンの負債が残らない。

多くの銀行は住宅ローン加入の条件としていることが多いが、最近では団信への加入を任意とする銀行もある。フラット35の場合加入は任意。
加入を必須としている銀行は保険料はすでに住宅ローン金利に含まれいる。逆に任意としている場合で団信に加入する場合は別途保険料を支払う必要がある。

加入しない場合、返済中に契約者が死亡した場合、その負債は遺族に相続されることになる。(相続放棄をすることは可能、ただしその場合は当然住宅も失う)

 

 

 

用語一覧

あ行
頭金
・違法建築

か行
元金均等返済
元利均等返済
期間短縮型(繰上返済)
期限の利益
勤続年数
個人信用情報
固定期間
固定金利

さ行
事故情報

た行
代位弁済
団体信用生命保険(団信)
担保価値

な行
年収

は行
返済額軽減型(繰上返済)
返済比率
・弁済
変動金利

ま行

や行
与信