住宅ローンの選び方住宅ローンの借り方住宅ローンの種類と特徴>目的別の住宅ローンの種類と特徴

目的別の住宅ローンの種類と特徴

また、一口にに住宅ローンといってもその目的によって色々な呼び方がされることがあります。また、提供する銀行によって呼び名が異なる場合もあります。

 

提携ローン

提携住宅ローン(提携ローン)というのは、住宅やマンションなどの売り手側が用意している住宅ローンです。予め、販売会社と金融機関(銀行など)が提携しているローンとなっています。審査スピードが速い、ローン特約などメリットもありますが、ローン選択の幅が狭いというデメリットもあります。
>>提携ローン

 

借り換えローン

現在の住宅ローンから別の住宅ローンに切り替えをするためのローンです。高金利の住宅ローンからそれよりも金利の安いローンに乗り換えることで金利負担の軽減や総返済額の節約にもつながります。民間銀行ローン、フラット35のどちらでも利用できます。
>>借り換えローン

 

住み替えローン

銀行によって呼び名は異なりますが、現在の住宅を売り、新しく住宅を購入するという流れをサポートする住宅ローンです。借り換えと似ていますが、対象となる物件が異なるという大きな違いがあります。
>>住み替えローン

 

建て替えローン

今の住宅を建て替えるための住宅ローンです。小規模な場合は「リフォームローン」と呼ばれることもあります。
>>建て替えローン

 

リフォームローン

住宅の増改築やバリアフリー化など住宅のリフォーム全般を目的とする住宅ローンです。
>>リフォームローン

 

セカンドハウスローン

呼び方は多数ありますが、セカンドハウスや別荘の購入のためのローンとなります。住宅ローンと異なり、居住用住宅でない場合は金利が高めとなることが多いです。
>>セカンドハウスローン

 

アパートローン・不動産投資融資

主に投資用のアパートなどの購入のためのローンとなります。住宅ローンではなく事業融資に近い形となります。ただし、住宅併用賃貸住宅の場合は一部住宅ローンを利用できる場合もあります。
>>アパートローン・不動産投資融資

 

諸費用ローン

住宅購入のためのかかる「諸費用」を賄うためのローンです。消費税、仲介手数料、保証料、登記など住宅購入にかかる様々な費用の支払いをサポートするためのローンです。
>>諸費用ローン

 

つなぎ融資

住宅ローンの実行日とお金が必要な日時がずれているときにつなぎ的に利用する融資です。たとえば、融資実行が2月20日なのに、実際にお金が必要になるが2月10日という場合、空白の10日間ができてしまいます。その10日分のつなぎのための融資となります。
できるだけ発生しないのが好ましい融資です。
>>つなぎ融資