住宅ローンの選び方住宅ローンの借り方住宅ローンの種類と特徴>フラット35

フラット35 | 住宅ローンの種類と特徴

フラット35というのは、昔の公庫融資のようなものです。住宅金融支援機構と民間の金融機関がタッグを組んだ住宅ローンで、名前の通り35年までの長期固定金利による住宅ローンサービスを提供しています。銀行の住宅ローンとシステムはほとんど同じです。

 

フラット35のメリット

フラット35のメリットは最大35年の「長期固定金利」の住宅ローンが利用できるという点です。最近では一部の銀行で35年ほどの長期固定金利住宅ローンも提供していますが、金利水準ではフラット35が安いケースが多いです。

また、「フラット35S」「フラット35Sエコ」といった政府が推進する特定の条件(バリアフリー性や省エネ性能など)を満たした住宅については金利優遇を受けることができるというのもメリットです(この優遇幅を考えると、長期固定金利ローンを利用するのであればフラット35が一番おすすめになります)。

フラット35Sベーシック(外部)
フラット35Sエコ(外部)

ちなみに、フラット35はどの銀行でも内容が同じというわけではないので注意してください。提供する銀行・金融機関によって金利、手数料は異なります。
ただし、保証人・保証料は不要となっています。また、団信(団体信用生命保険)への加入は必須ではないという点は共通です。

また、フラット35のメリットと言えるかは分かりませんが、「銀行住宅ローンと審査のポイントが違う」という点が挙げられます。特に銀行融資の場合「借り手の信用力・安定性」を重視しますが、フラット35の場合はどちらかというと物件を重視する傾向が強いです。
自営業・経営者の住宅ローンはフラット35?」にあるように、審査基準の違いを利用する方もいらっしゃるようです。

 

フラット35のデメリット

フラット35のデメリットとしては、商品性が35年の長期固定または20年の長期固定の2種類しかないという点です。団信加入は任意ですが、逆をいえば団信保険料は住宅ローン金利に含まれていないので、団信加入を考えている方はその分、別途負担する必要があります。

また、繰上返済手数料は無料となっていますが、百万円~となっているのも少しハードルが高いです。(銀行住宅ローンなら1円~OKというところも多い)