住宅ローンの選び方住宅ローンの借り方>住宅ローンの種類と特徴

住宅ローンの種類と特徴

まずは、住宅ローンの種類・特徴を学びましょう。住宅ローンは大きく銀行が提供するローンとフラット35という住宅金融支援機構と民間金融機関によるローンの二種類があります。また、それぞれのローンにもいくつかの種類があります。

かつては、住宅ローンといえば、住宅金融公庫による「公庫融資」が主流でした。現在公庫融資は廃止され、民間金融機関による住宅ローンが主流となっています。
また、公庫融資に代わる住宅ローンとして住宅金融支援機構と民間金融機関が共同で提供する「フラット35」も人気があります。
また、会社員に限って利用できるのが「財形住宅融資制度」です。こちらは財形を利用している方だけが利用することができます。

 

銀行からの直接融資

もっとも一般的なパターンだと思います。銀行が提供している住宅ローンサービスに申し込むというものです。普通に住宅ローンという場合は、この銀行からのローンを指す場合がほとんどです。
>>銀行からの直接融資

 

フラット35

フラット35というのは、昔の公庫融資のようなものです。住宅金融支援機構と民間の金融機関がタッグを組んだ住宅ローンで、名前の通り35年までの長期固定金利による住宅ローンサービスを提供しています。銀行の住宅ローンとシステムはほとんど同じです。
>>フラット35

 

財形住宅融資制度

会社員でかつ財形貯蓄を行っている人を対象にマイホーム取得のための資金を優位すする制度です。財形合計額の10倍(最大4000万円)まで利用できます。フラット35や他民間住宅ローンとの併用利用も可能です。公的ローンであるため融資金利が比較的低水準なのが魅力です。
>>財形住宅融資制度

 

目的別の住宅ローンの種類と特徴

また、一口にに住宅ローンといってもその目的によって色々な呼び方がされることがあります。また、提供する銀行によって呼び名が異なる場合もあります。
>>目的別の住宅ローンの種類と特徴