住宅ローンの選び方住宅ローンの借り方住宅ローンと諸費用>住宅ローンと繰上返済手数料

住宅ローンと繰上返済手数料

借入時にかかる手数料ではありませんが、住宅ローン返済中に「繰上返済」をする時にかかる手数料です。最近は繰上返済手数料を無料とする銀行が多いですが、いまでもかかる銀行・金融機関もあります。繰上返済が自由にできることは返済負担を軽くしたりする上で結構重要ですのでぜひ無料のところを選ぶようにしましょう。

 

一部繰上返済の手数料無料について

最近では、ほとんどの銀行住宅ローンにおいて一部繰上返済手数料を無料にしているところが多いです。
ちなみに繰上返済は大きく「一部繰上返済」と「全部繰上返済」に分けられます。全部繰上返済は借り換えローン時や一括返済をするときに使うもので、こちらは手数料がかかります。

さて、一部繰上返済(以後は繰上返済といいます)については大きく下記のタイプの銀行があります。

・条件なしで繰上返済手数料無料
金額等を問わずに1円からでも繰上返済が可能です。1円の繰上返済に意味はほとんどありませんが、手軽に繰上返済をいつでもできるというのはうれしいですね。

・条件付き繰上返済手数料無料
たとえば、100万円以上は繰上返済手数料が無料といったように一定の基準を設けているケースです。実際はこのタイプが多いです。フラット35も繰上返済手数料は無料ですが100万円以上となっています。

条件なしと条件ありであれば、ないに越したことはありませんが、非常に重要視する必要はないかと思います。

 

繰上返済に代わるサービス

最近では、繰上返済のようで繰上返済ではないユニークなサービスも登場しています。

・預金連動型住宅ローン
東京スター銀行等で行われているローンです。当該銀行に預金している預金残高分には住宅ローン金利が掛からないということで、預金しておくだけで実質的な繰上返済になるというサービスです。繰上返済をしたら、そのお金は自由に使うことはできませんが、このタイプだと急にお金が必要になった時もお金を用意できるという安心感があります。