住宅ローンの選び方住宅ローンの借り方住宅ローンと諸費用>住宅ローンと保証料

住宅ローンと保証料

保証料というのは、仮にローン契約者が住宅ローンの返済ができないとき、利用者に変わって住宅ローンの返済を担保する保証会社への手数料です。ただし、ローン契約者の債務(借金)は単純に請求元が銀行から保証会社に変わるだけです。銀行にとっての保険のようなものですが、本来の住宅ローンとは関係のない費用です。最近は保証料無料(保証会社をつけない)銀行も増えています。もちろん、利用者にとってもそちらがお得です。

 

保証料は意外と高額?!

住宅ローンにおける保証料は意外と高額です。おおよその目安は1000万円の借入にたいして15~20万円くらいの保証料が要求されます。仮に3000万円のローンなら45~60万円ほどになります。
また、借入時に支払う以外にも、住宅ローン金利に上乗せして支払うことも可能です。この場合金利に0.2%程度の上乗せとなるのが一般的です。こちらの場合、全機関で考えると150万円ほどの保証料となります。

いずれにしても保証料は住宅ローンにとって非常に高額な諸費用の一つです。

 

保証料の意味は何?

住宅ローンの保証料は何を保証してもらうために払うかご存知ですか?
少し冒頭でも開設しましたが、もう少し詳しく解説します。

住宅ローンを借りる場合、お金を返す義務があるのはローン契約者です。銀行はこの契約者が必ずローンを完済してくれるわけではないので、その「保証」を求めます。
だからといって高額な住宅ローンを借りるのに、家族や友人に保証人になってくれと頼むわけにもいきません。

そこで登場するのが「保証会社」です。保証会社は契約者の代わりに住宅ローンの「保証人」となってくれる代わりに、そのための費用として「保証料」を求めるわけです。

じゃあ、この保証料は万が一住宅ローンを返せなかった時の為の保険みたいなものなのか

と思われるかもしれませんが、違います。保証会社は契約者がローンを返せなくなった場合、銀行に「代位弁済」といって契約者の代わりにローンを銀行に返してくれます。
しかしながら、弁済が行われると、ローンの請求権が「銀行」から「保証会社」にうつるわけです。つまり、保証(代位弁済)が実行されたとしても、これまで通りローンの支払いは保証会社から求められることになります。(しかも、期限の利益を喪失しているため通常は一括返済を求められます)

つまり、保証といっても保証されるのは「お金を貸している銀行」だけで、ローン契約者にとっても1円の得にもならない保証なのです。

 

保証料が無料の銀行住宅ローン、フラット35

このように保証料という費用は、あまりローン契約者にとってはお得なものではないですよね。そしてかかる費用も高額です。
しかしながら、最近では一部の銀行が提供する住宅ローンではこうした無駄な費用を契約者に押し付けるのはよくないということで、保証料を無料とする(保証をつけない)銀行も増えています。
たとえば、当サイトでも紹介している「新生銀行」「住信SBIネット銀行」「ソニー銀行」などでは保証料はかかりません。またフラット35を利用した住宅ローンの場合も保証料は不要となっています。

一方で、都市銀行や地方銀行などの住宅ローンの場合、この保証料がかかる銀行がほとんどです。見た目のローン金利は安く見えても実はこうした保証料を上乗せされると意外と高くなってしまうケースもあるので、住宅ローンを選ぶ際には保証料も有無も含めて比較するようにしましょう。

 

すでに保証料を支払っているなら借り換えで返還も

もうすでに、事前に保証料を支払っている場合でその銀行から保証料が無料の銀行に「借り換えローン」をした場合には保証料の内、残りの分(残債に該当する部分)は戻ってきます。