住宅ローンの選び方住宅ローンの借り方住宅ローンと諸費用>住宅ローンと団体信用生命保険料(団信保険料)

住宅ローンと団体信用生命保険料(団信保険料)

団体信用生命保険というのは、ローン契約者に万が一のことがあった場合に、ローンの残債(残った借金)を返済するための保険です。団信と略されます。団信に入っておくことで、万が一の場合に遺族に借金を残さずに住宅を残せます。保険料はほぼ一律ですが、住宅ローンによってこの保険料が金利に含まれているケースと含まれていないケースがあるので注意が必要です。団体信用生命保険料(団信保険料)の有無は必ず確認しましょう。

 

団信の保険料と住宅ローン金利

まず、原則として多くの銀行の住宅ローン金利に「団信保険料」は含まれています
また、保険料は引き受け手の保険会社が決めていますので、銀行による差異もほどんどありません。

では、どんなことに気をつけたらいいのかということですが、「団信加入が任意となっている銀行や住宅ローン」のケースです。

代表的なものに「フラット35」があります。これは半公的な住宅ローンで、団信への加入が任意となっています。そのため、フラット35の提供金利には団信保険料が含まれておらず、団信に加入する場合はローン金利とは別途0.3%程度の保険料を支払う必要があるのです。

仮にフラット35の金利が年2.0%という場合、団信をセットにしたら2.3%程度の金利にアップすることになるわけです。

他にも「東京スター銀行」なども団信への加入が任意となっており、加入する場合は別途保険料(金利アップ)を行う必要があります。