住宅ローンの選び方>住宅ローンと借り換え

住宅ローンと借り換え

住宅ローンの借り換えは、これまでのローンから別の銀行のローンに変更することで金利を引き下げて、総返済額を下げるという手段です。高い金利で借りた住宅ローンを安い金利のローンに切り替えることで経済効果を生み出します。ここでは借り換えの基本から、借り換えがお得か損かのシミュレーションまで借り換えの総合解説を行います。

 

借り換えとは何か?_

借り換えについて詳しく知りたいという方は「住宅ローンの借り換えを検討する時に読むサイト」がお勧めです。
借り換えについて超詳しく説明されています。

まず、借り換えとは何かというと「住宅ローンの切り替え」です。より金利が安い銀行にローンを切り替えることで、利息や返済額を低減させることができます。

その一方で切り替えには手数料もかかるので金利低減効果と手数料の差を考えてそれをするかしないかを考えることになります。

 

住宅ローン借り換えのメリットとデメリット

住宅ローンの借り換えは、上手に行えば高いメリットがありますが、場合によってはデメリットの方が大きい場合もあります。ここでは、借り換えのメリット・デメリットを解説しながら、借り換えローンのポイントを解説します。
>>住宅ローン借り換えのメリットとデメリット

 

住宅ローン借り換えの手順

住宅ローンの借り換えは、現在契約している銀行と、借り換えする銀行と2社とやり取りをする必要があります。そのため、手順ややりとりが、新規住宅ローン利用よりも複雑です。ここでは、住宅ローン借り換えの手順とやりとりの基本を解説します。
>>住宅ローン借り換えの手順

 

住宅ローンの借り換えでチェックしたいポイント

住宅ローンの借り換えを行う時には、思わぬ点を見としてしまって結果的に借り換えをして損をした。と嘆くかたも多いようです。ここでは、住宅ローン借り換えにおいて絶対にチェックしたいポイントや見落としがちな落とし穴を徹底解説します。
>>住宅ローンの借り換えでチェックしたいポイント