住宅ローンの選び方住宅ローンと返済>住宅ローンの返済方法 「元利均等返済」と「元金均等返済」

住宅ローンの返済方法 「元利均等返済」と「元金均等返済」

住宅ローンの返済方法は「元利均等返済」と「元金均等返済」の二種類があります。同じような呼び方ですが、返済する金額や同じ金利でローンを借りたときの総負担額はかなり異なってきます。それぞれのメリット・デメリットを理解しましょう。

 

返済方法はどちらも一長一短。自分の返済スタイルに合わせて選ぼう

「元利均等返済」「元金均等返済」はどちらもそれぞれメリット・デメリットがあります。どちらの返済スタイルがお得なのか?という点は返済をするあなたの返済プランやスタイルによって変わってくるかと思います。

・元利均等返済
住宅ローン返済における返済額を毎月一定にする返済方法です。元金部分と利息部分の合計額が同じになるようにします。返済当初は、月々の住宅ローン返済額に占める割合として利息部分が多く、返済がすすむにつれて徐々に元金部分が大きくなっていきます。

・元金均等返済
住宅ローンにおける毎月の返済する元金を一定にする返済方法です。住宅ローン毎月の返済額は「元金+利息」となります。返済当初は借入額が大きいので、利息も大きいです。そのため、返済開始は返済額が大きく、徐々に利息が少なくなる分、月々の返済額も低くなっていきます。

 

元利均等返済のメリット・デメリット

元利均等返済のメリットは毎月の返済額が一定であるため、返済プランが立てやすいという点があります。また、元利均等返済は返済開始時金返済額が元金均等返済と比較して安くなり、何かと物入りの返済初期の負担を軽減できます。
さらに返済比率の関係上、同じ年収で住宅ローンを組む場合元利均等返済の方がより多くの金額の住宅ローンを組めます。
一方のデメリットとしては元金均等返済で返済するのと比較して同じ条件でローンを組んだ場合は総支払額(元金+総利息)が大きくなってしまうという点が挙げられます。

元利均等返済が向いている人
・月々の返済額は一定にしたい方
・ローン設定当初の返済負担をできるだけ小さくしたい方
・今の年収で借りれる限界近くローン資金を借りたいと思っている方

 

元金均等返済のメリット・デメリット

元金均等返済最大のメリットは、ローン総負担額を低減することができるという点です。仮に固定金利2%、30年返済、3000万円の住宅ローンを組んだ場合、単純に元金均等返済と元利均等返済での総負担額(元金+総利息)は以下のようになります。
元金均等返済:3902万円
元利均等返済:3991万円
単なる返済方式の違いだけで、90万円近く総返済額が代わってくることになります。

一方のデメリットとしては、元金均等返済の場合「返済開始時期ほど返済額が大きい」とい点が挙げられます。先ほどの例でいうと、元金均等返済の初期返済額は約13万円(以後、少しずつ少なくなっていく)、元利均等返済は約11万円(最終まで固定)となります。

元金均等返済が向いている人
・とにかくローン総負担をできるだけ安くしたい方